割り箸

ルクルーゼとは直接関係ありませんが、割りばしの使い捨てを減らそうと面白い商品が開発されましたね。

「ラーメンフォーク」を一新

中部地区を中心に展開するラーメンチェーン店「スガキヤ」を経営するスガキコシステムズ(名古屋市)が3日、はしの代わりに客に愛用されてきたラーメンフォークを一新すると発表した。

 ラーメンフォークは1978年、割りばしの使い捨てを減らそうと、学校給食で使われていた先割れスプーンをヒントに開発。スガキヤの名物として約30年間、ファンに親しまれてきた。

 新タイプは陶磁器・食器メーカーのノリタケカンパニーリミテド(名古屋市)とデザイナー高橋正実さん(32)が共同開発した。

フォーク部分の歯が1本増えて4本になり、スープスプーンに近い形状に。左利きでも使いやすく、子ども向けの小さいサイズもできた。9月から店舗に導入される。


クリックで拡大

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。