チキンソテー

【チキンソテー】
皮目をこんがりときつね色に焼いて、パリッとした食感を出しましょう。フライパンにチキンを入れた後は、動かさないのがポイントです。
(材料 4人前)
鶏モモ肉      2枚
塩・コショウ    適量
にんにく      1片
バター       仕上げにスプーン1杯分ほど
【作り方】
1.とりモモ肉は、皮面を下にしてまな板に置き、フォークで満遍なく突き刺して、包丁で半分に切る。※フォークで刺すことにより、肉の筋を断ち、焼き縮みを防げます。包丁の切っ先でトントンと刺しても良いでしょう。
2.とりモモ肉の水分をペーパータオルで拭って、両面にシッカリ目に塩・コショウをする。
3.フライパンにとりモモ肉の皮を下にして並べ、ここで火をつける。
 ※火加減は中火以下で、じっくりと皮目の脂を出しながら焼きます。火加減が強すぎると、皮目の脂が出切る前に、焼き色が付いてしまい、パリッとした焼き上がりになりません。
4.火をつけてからしばらくすると脂が溶け出してくるので、脂が出てきたら、にんにく1片を皮ごと手のひらで潰して、フライパンにいれ、鶏から出た脂ににんにくの香りを移すようにする。
※このとき、鶏肉は動かさずに、フライパンを前後左右に傾けて、出てきた脂を流してにんにくの香りをなじませます。
5.じっくりと5分から7分ほど焼きます。皮目から肉に7〜8割火を通します。時々出てきた脂をスプーンなどで肉にかけながら焼いていきます。
6.5〜7分ほど焼いたら、肉をひっくり返し、あと3分ほど焼いていきます。その間も、焼き脂をかけながら焼いていきます。
7.3分ほど焼いたらもう一度ひっくり返し、串を肉に突き刺して、肉汁の色を見ます。透明の肉汁が出てきたら焼き上がりです。赤い肉汁が出てくるようではまだ完全に火が通っていないので、再度焼き脂をかけながら焼いて、串を刺して確認してください。
8.最後にバターをひとかけら加え。溶けたバターを肉にかけて、バターの風味を肉に移します。鶏とにんにくとバターの合わさった良い香りがしてきたら完成です。
| 調理

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。