トマトソース

【トマトソース】
ホールトマトの缶詰と生のトマト、ニンニク、を用いて作ります。今回はそこに玉ねぎと人参も加えて、甘みと栄養価を高めました。
(材料)
ホールトマト缶                   2缶(約600g)
完熟のトマト                    2個
玉ねぎ(みじん切り)              1/2個
人参 (すりおろす)              1/3本
にんにく(すりおろす)               2片
唐辛子 (タネを楊枝などでほじってとる)      1本
ピュアオリーブオイル       適量
【作り方】
1.完熟トマトを湯剥きして、ざく切りにする。
※湯剥きの仕方:鍋にトマトが被るくらいの熱湯を沸かし、塩を加える。グラグラに沸騰したところにトマトを入れ、10秒数える。10秒経ったら、氷水に落とし、シッカリ冷やす。冷えたら、楊枝などで皮を引っ掛けるようにして剥く。
2.口の広いなるべく厚手の鍋に、オリーブオイルを20ccほど入れ、にんにくのすりおろしと唐辛子を加えてから、中火にかける。
3.木じゃくしで、絶えず混ぜながら、香りが出てきたら玉ねぎと人参を加え、玉ねぎと人参がしんなりとして、味見して甘みを感じるまでじっくり炒める。
4.玉ねぎと人参の甘みが出たら、1のトマトとホールトマト缶を汁ごと加え、木じゃくしで、トマトを潰しながら煮る。塩をひとつまみ加える。ここで、唐辛子を取り出しておく。
5.表面が軽くクツクツと煮えている状態を保ちながら、時々木じゃくしで混ぜつつ水分が減って、ポテっとした状態になるまで煮詰める。
6.煮詰まったら、塩で味を調えて完成。
【ポイント】
今回はタネを漉さずにそのまま使いましたが、気になる方は、トマトの種を取り除いて作ってみてください。
4で加える塩は、下味でトマトの甘みを出しやすくする為に加えます。軽くパラパラで構いません。あまり入れすぎると、煮詰まった時に塩辛くなります。このソースは、ジッパー付きの保存袋などで冷凍保存が可能です。解凍して使う際は鍋で温めなおしてから使うようにしましょう。大量に作っておくと、重宝します。冷凍で、2週間は持ちます。唐辛子は、今回味を引き締める為に使いましたが、苦手な方は入れなくても大丈夫です。
【使用例】
茹で上げのパスタに、パルメザンチーズとバージンオイルを合わせて、『スパゲティ・ポモドーロ』に。チーズを乗せて仕上げたハンバーグに掛ければ、『イタリアン・ハンバーグ』食パンに塗って、とろけるチーズを乗せて焼けば、『ピザトースト』に。

さぁ、いかがでしょうか?コツは、野菜をじっくり炒めて甘みを出すコトと、トマトの水分を飛ばして、濃厚なトマトの味を引き出すことです。火加減の強火は禁物。中火から弱火の間で、じっくりと取り組んでみて下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。